123の日は本当に勝てる熱いイベントなのか?元パチプロが123事情を語る

パチンコ&スロット123の一番熱いイベントといえば12月3日と1月23日に訪れる「123の日」ですね!

123のお店も毎年「年に二回の激アツイベント」など煽っていました。

数年前からパチンコ・パチスロ店に対する広告規制が入ったので今は「123の日」イベントの告知はしていませんが、昔から名残りのある熱いイベントなので告知をしなくてもお客さんはやってきます。

パチンコ店の広告規制が行われて既に5年が経過しています。それでも毎年12月3日、1月23日は激アツイベントを期待したくさんのお客さんがやってきます。

 

123の日は熱いのか?

123_gekiatu

実際、自分もパチプロ時代は毎年12月3日と1月23日は123に足を運んでいました

自分はちょうど10年前にパチスロを始めたのですが、その時は4号機が終わる寸前の時代でした。当時は島全台56、全機種456なんて当たり前の時代でとにかく台に座れたら勝ちなんて言われているほど激アツイベントだったのです。

当時は前夜祭、本祭、後夜祭も行われており当然本祭が一番熱かったですが前夜祭、後夜祭も通常のイベントより熱い内容でした。今では朝一の入場が抽選形式ってのが一般的になりましたが昔は並んだ者順で入場システムだったので123の日になると夜中から並ぶ人もたくさんいました。もちろん自分も夜中から友達と並んでいましたね。

やはり当時はノリ打ち軍団も多く、夜中に若い衆がやってきて先頭に並び雑誌や物を置いて仲間の席を確保。朝方になると仲間が10人以上ゾロゾロやってくるなんて良くありました。座れれば勝てると言われていたイベントだけにみんな必死でしたし良くトラブルも起きていました。その結果が抽選という形に落ち着いたわけです。いやー、ほんと平和にな世の中になったものです。

ちなみに自分が初めて123の日に並んだのが夜中の2時、番号は300番台で最終的には1000人以上が朝一に来ていました。(もちろん台数に限りがあるので遅く来た人は店に入っても空いてる台がない状態)

自分は5号機初期のスパイダーマン2(設定6で機械割117%)を狙い撃ち。挙動的に設定5、6で間違いなく最終的に4000枚ほど出して6万勝ちしたのを覚えています。

  【 抽選・待ち時間の間にサクッと予習プレイ♪】

 

昔ほど熱くなくなった?

自分がパチスロを始めた頃が一番イベントが熱く賑わっていた時代だと思います。今はイベント規制、さらに出玉規制など規制づくしでパチンコ・パチスロ人口は減る一方。123の日も昔ほど熱くなくなったと言われています。

確かに昔ほどの勢い(スロット全台56など)は無くなりましたが今でも通常営業よりかは熱いイベントなのは確かです。123の日は熱い、という実績があるからこそ今でも何百人の人が朝一からやってくるのです。今年の12月3日の123の日でも大型店舗だと1000人以上の人が並んだみたいです。普段あまりパチンコ、パチスロをやらない人もこの日だけはやってくる事も多いです。自分も昔ほどパチスロに携わる事は無くなりましたが123の日だけは行くようにしています。

 

絶対に勝てるわけではない

%e8%a1%8c%e5%88%97

4号機時代の123の日なら「台に座れば」勝てると言われていましたが今はそうでもありません。

もちろん、今でもこの日は人がたくさん来ますがスロットに関しては1島に設定5・6が1台か2台がある程度、そして全体的な設定が少し上がっているレベルだと考えて下さい。普通に設定1の台はたくさんあります。人が多ければスロットも稼働しますから、凄い出ているような錯覚になるかと思います。それにこの日は熱い…と信じてるいるお客さんが多いからいつもより過剰にお金を突っ込んで粘る人が多いです。自分もそんな人間ですw

結果、いつもより設定は入ってるがお客さん全員が勝てるということはありません。引きだけで出玉を出した人がいると周りの人は「やっぱ設定入ってるんだな」って勘違いしますよね。稼働が良ければお店の全体像もよく見えてきます。赤字覚悟の営業なんて言ってるかもしれませんが、実際はお店側の黒字で終わっている事の方が多いと思います。

自分はパチンコはあまり打たないので分かりませんが、友人曰く釘はいつもより開いている。でもそれでもボーダーよりちょっと高めなのでめちゃくちゃ美味しいというわけでもないそうな。他のお店行くならここの方が良いレベルです。

めちゃくちゃ連チャンしてる人が多い気もしますが、結局は稼働が良いからそれだけ連チャンさせる人が多くなってそう見えてるだけです。123の日はめちゃくちゃパチンコが連荘するは都市伝説なので信じてはいけません。

 

12月3日と1月23日はどっちが熱い?

年二回あるイベントですが12月3日と1月23日はどっちが暑いのでしょうか?どちらも差はないかと思いますが、人の集まり具合は12月3日の方が多いですね。自分の成績でも1月23日より12月3日の方が勝率は高いです。やはりその年最後になるわけですからお店側も気合が入っているのかもしれませんね。

 

個人的な成績

昔パチプロ時代につけていた収支表があったのでそこから12月3日と1月23日の勝率と収益を計算してみました。

年数 打った機種 収支
2007年1月23日 スパイダーマン2 +64K
2007年12月3日 2027 +18K
2008年1月23日 戦国無双 +32K
2008年12月3日 ??? −20K
2009年1月23日 ??? +3K
2009年12月3日 エウレカセブン +85K
2010年1月23日 クラシックジャグラー −2K
2010年12月3日 エウレカセブン +45K
2011年1月23日 緑ドン +80K
2011年12月3日 蒼天の拳 +38K

これ以降はデータ記載なし

記録は取ってないですが毎年友達と123に行ってました

この時はパチプロでは無かったのでパチンコにも手を出していて遊び感覚でやってましたね

データに記載していた物だけをまとめると

10戦8勝2敗 勝率80% トータル収支+343K(34万3千円)

年数データが古いですが123の日はだいぶ勝たせて貰っているのがわかりますね!

当時はパチプロで立ち回りがシビアだったのもありますがそれでもこの勝率と収支は中々良いですね。

ここ数年の記憶でもパチンコで勝たせて貰っているので生涯のトータル成績も大幅に勝ってると思います。

これは自分の当時の立ち回り方法なんですが、朝一は大型の123の店舗に行き狙い台がダメだった(低設定)と感じたら123の日でもすぐにやめていました。それで自分の地元にある小さな123の店舗に昼ごろにいき、まだまともに稼働していない台を狙っていくと高設定だった!ってパターンが結構多かったです。地元にある小さな123の店舗だと終日満席になるって事もないので結構お昼ぐらいからフラッと行って勝てるパターンが多かったです。

 

【PR】学生でもお金を借りれるローン!即日振込ご融資 10分審査

まとめ

aded97b2-s

123の「123の日」は熱いイベントなのは間違いありません

しかし、「絶対勝てる」「いつもより出る」なんて過信は持たない事です。今のパチンコ・パチスロ業界を見ればわかる通り、今のパチンコ店には客に歓迎できるほどの余裕は残っていません。もちろん通常営業よりかは設定を入れている、釘が開いている、とは思いますが結局確実に勝てる客というのは1割、2割程度と考えるべきでしょう。

一番危険なのは、「今日は123の日だから絶対に出るんだ」とお店を信じすぎてお金をジャブジャブ突っ込んで負けてしまう人。スロットなら多少、挙動などで設定の推測もでき諦めがつきますがパチンコに関しては当たる確率、連チャンは完全に運に左右します。自分が止めた後に次の人にすぐ当てられおかま掘られるのが嫌だと思うかもしれませんが、結局はその人の運が良いだけであるので気にしない方が良いです。

いつもより多めに軍資金を用意するのは良いかもしれませんが、熱くなりすぎてATMの往復なんてことはやめておきましょうw123の日はいつもより熱いイベントではありますが絶対に勝てるイベントはありません。

 

そういえば、今年の12月3日は抽選に漏れてしまったので、仕方なく他のパチンコ屋に行って負けましたw

 

ランキングに参加しています。



にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ